NICE株式会社

本会の名称、NICEとは、Nippon Iran Cultural Exchangeの頭文字です。NICE とは日本とイランの文化交流を目的にした組織です。

本社住所

〒650-0003 神戸市中央区山本通2丁目14-21Pal Mansion 6F ☎(078)231-6633

日本とイランは、1300年前の飛鳥・奈良時代から関わりがありました。奈良正倉院の御物のなかに日本とペルシャの交流の歴史が垣間見られます。ペルシャからシルクロードを通り、正倉院に保存された螺鈿で装飾した楽器や唐草文様の錦などが人々のロマンを掻き立てます。陶器・銀器・ガラス器・絹織物等、伎楽面など華やかなペルシャの文化がトレンドになり、当時の貴族たちは争って、儀式や生活に取り入れました

現在、核開発問題でしか注目されないイランは、い・ら・んと思い、芸術を身近に体感してもらうため、日本の文化人の協力で関西のペルシャ母娘、プーリーとダリア・アナビアンは、歴史・古美術・食文化・音楽・あらゆる分野を通して日本各地で活動しています。

シルクロードの終着点日本に世界の貴重な文化財を伝えた出発点ペルシャとの文化交流を知り、東洋の共通の影響を振り返るイベントを開催します。NICE は、古代から続く日本とイラン文化交流の新しい架け橋です。

文化庁事業「Arts For The Future] 未来志向のイベント。ワークショップ展示会「観て、触って、聴いて、食べて感じる魅惑の国 ペルシャ5000年の美と伝統に思いを馳せる」2021年

ペルシャ陶器をガラス越しで眺めるのではなく、見るだけでは分からない陶器を実際に手にとり、その質感と重さを体感し、古代人の暮らし振りを追体験。